シボレー・カマロ 評価

シボレーのスポーツカー、カマロの評価・燃費・グレード一覧

シボレー・カマロは1967年に登場した車種で、初代については日本ではほとんど販売されませんでしたが、サーキットにおいてフォード・マスタングと熾烈な優勝争いを演じ、一躍脚光を浴びました。2代目以降は日本にも正規輸入され、一時2002年に生産を終了するものの、2009年には復活し5代目が登場。パワーユニットは3.6LのV6エンジンと6.2LのV8エンジン搭載モデルがあります。コンバーチブル設定では電動オープントップが特徴的です。

 

シボレー・カマロの評価

@初代から変わらぬカマロの姿は健在
Aヘッドアップディスプレイ標準装備
Bクラシカルな計器類、伝統を残した装備

 

シボレー・カマロ

ややノスタルジックな外観と先進技術を多数取り入れたその走りはオールドファンならずとも乗りたいスポーツカーであると思わせてくれます。加速力と地面を這うようなコーナリング性能は多くのドライバーから高い評価を得ています。インテリアはメーター部分が特徴的なスタイリングで、スピードメーターとタコメーターを個別にクラスターで覆う2眼式で、中央には先進的なマルチディスプレイを備えております。

 

先進機能ではタイヤ空気圧モニターを標準で装備し、異常時は警告してくれます。そして3種類の表示から選べるヘッドアップディスプレイも標準装備で、近未来の車に乗っているかのような感覚をシボレー・カマロでエンジョイできます。かといってクラシカルな計器もしっかり残し、4連アナログメーターは油圧計や油温計、電圧計とトランスミッション油温計を備えております。どこか懐かしさを感じさせてくれるシボレー・カマロのスタイリングに、中身は先進機能と伝統機能が入り混じる。新旧のスポーツドライバーも納得な車種と言えそうです。

 

スポーツカーへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見!!

シボレー・カマロ 主要データ(対象グレード:コンバーチブル)

JC08モード燃費

総排気量(cc)

最大出力(ps/rpm)

最大トルク(kgm/rpm)

データ無し 3562cc 327ps/6800 38.4/4800

 

シボレー・カマロ グレード別一覧

グレード

エンジン

駆動

ミッション

ハンドル

車両価格

LT RS

3.6L V6

FR

6速AT

435万円

SS RS

6.2L V8

FR

6速AT

540万円

コンバーチブル

3.6L V6

FR

6速AT

504万円

 

スポーツカーへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見!!